一般歯科

当院の虫歯治療

歯科医院になかなか足を運べずにいる多くの患者さんが、歯科治療に対して「痛い」、「怖い」というイメージをお持ちです。しかし、虫歯は決して自然治癒することはありません。歯科治療へのマイナスイメージが原因で虫歯の悪化を放置してしまえば、治療の痛みは増すばかり。そこで当院では、なるべく痛みを抑えた治療を行うことで、歯科治療への恐怖心を和らげ、悪化する前に治療を済ませることができるよう心がけております。

痛みの少ない虫歯治療

当院では、痛みを抑えるために、麻酔を用いて治療をしています。しかし、その麻酔自体が痛くては意味がありません。そこで、麻酔針を打つ箇所に表面麻酔を塗布することで、麻酔針が刺さる際の「チクリ」とした痛みを軽減しています。表面麻酔を塗布した後には、十分に時間を置いてしっかりと感覚を麻痺させていますから、ほぼ痛みを感じずに麻酔を注入することができます。

当院の歯周病治療

歯周病とは、お口の中の汚れが原因で歯ぐきに炎症が起き、歯を支えている歯槽骨が徐々に破壊されていく病気です。最終的に歯を失ってしまうこともあります。歯周病の恐ろしさは、自覚症状がなく悪化していくこと。気付いた頃には末期状態になってしまうことも珍しくありません。そのため、歯科医院での検診によって、定期的に歯周病検査を行うことが大切です。

再評価を欠かさない歯周病治療

当院では、歯周病に侵されてしまった場合であっても、なるべく歯を抜かないで済む方法を考えています。しかし、噛んだ時に痛かったり、他の歯に悪影響を及ぼしてしまう場合には、患者さんにしっかりと残すデメリットをお話し、ご納得いただけた上で抜歯を選択することもございます。そうした見極めを正確に行うためには、再評価が非常に大切になります。根気のよく歯周病治療をしていく中で、このまま治療を進めるべきなのか?抜くべきなのか?と、その都度しっかりと診断しながら治療を進めています。また、「こんな治療をすれば、この歯はこのぐらいの間残すことができますよ」と、お口の中の未来予想図をご説明することも大切にしています。

当院の根管治療

虫歯が歯の神経まで達してしまった場合、神経の道をキレイにすることが必要となります。その治療が「根管治療」と言われるものです。当然、目には見えない部分ですので、非常に高い技術を要する治療です。

当院では、それぞれの歯に合った機材、薬剤を用い、勘に頼ることなくしっかりと丁寧な治療を行ってまいります。