当院の4つの特徴

丁寧なカウンセリング

虫歯や歯周病などの歯科疾患には、「なぜそうなってしまったのか?」という原因があります。当院では、痛みがあるからその歯だけを治して終わりという対症療法ではなく、その原因を追究し、根本から改善していく根治療法を大切にしています。
そのため、まずはカウンセリングにて、お悩みとそこに至る経緯、生活習慣などをじっくりと伺い、痛みの原因はどこにあるのかを追求していきます。また、カウンセリングにて、患者さんに症状や治療方針を十分にご理解いただけるよう、お口の中のお写真などをお見せしながら丁寧にご説明をしています。
たっぷりとお時間を取ってお話しをさせていただくことで、まずは私たちが患者さんのご要望を把握すること。そして、患者さんに今後の治療についてご理解・ご納得いただくことに努めております。

なるべく歯を残す治療

例えば、簡単な足し算のみのテストと、大学受験レベルの数学のテストを並べられ、どちらかで100点を取ることを目標としなさいと言われたとします。この場合、いくら数学が得意な人であっても、簡単な足し算のみのテストで100点を目指しますよね。当院は、歯科治療も同様だと考えています。簡単な治療こそが、成功の秘訣なのです。
同じ虫歯治療であっても、フッ素を塗って経過を見るだけで済むならば、削って詰め物をする必要はありません。そうすれば、患者さんへの負担も少なく、その後虫歯になるリスクも低くなります。当院では、インプラントや入れ歯などの難しく負担の大きな治療をなるべく避けるために、出来るかぎり歯を残すことを諦めたくないのです。次の治療ステップまでいかなくても済むように、簡単な治療で留められるような歯科治療をご提供していきたいと考えています。

正しい噛み合わせまで考えた治療

歯ぎしりや食いしばりなどの癖や、食生活、生活習慣などが原因で、次第にずれてしまっている噛み合わせ。痛みなどの症状が出にくいため、なかなか患者さん自身が悪い噛み合わせに気付くことができません。しかし、悪い噛み合わせを放置してしまうと、顎関節症やそれに伴う肩こりなどの症状、知覚過敏、歯周病の促進など、さまざまな悪影響を引き起こしてしまいます。
当院では、ただ単に虫歯だけを治すのではなく、口腔内全体を考えながら、正しい噛み合わせをつくっていく治療に力を入れています。もちろん、噛み合わせの大切さを患者さんにしっかりとご説明した上で、ご納得いただけてはじめて治療計画を立ててまいりますので、ご安心ください。

歯科用CTを用いた正確な診療

当院では、インプラント治療や親しらずの抜歯など、外科処置の必要となる治療を行っております。そういった外科処置は、患者さんにとって不安や恐怖心が大きいもの。そこで、安心・安全に外科処置をお受けいただけるよう、歯科用CTを導入しています。
歯科用CTとは、お口の中を三次元的に画像診断することができるもので、インプラントを埋入する顎骨の状態や、親しらずと神経の距離など、事前に正確な診査・診断を行うことができるのです。これによって、術中のトラブルも未然に防ぐことができますし、術前に処置に関する的確なご説明をさせていただくことができます。患者さんにとっても、歯科医師にとっても安心できる外科処置をご提供してまいります。